SOLUTION / SERVICE

Global Accounting

グローバル会計ソリューション

日系企業の海外拠点の会計業務品質向上・グローバル共通基盤構築に向けたトータルソリューション

「グローバル会計ソリューション」は、日系企業の海外拠点での業務標準化・コントロール適正化による会計業務品質の向上、ローカル言語・業務要件対応等による円滑な共通システム導入を実現するソリューションです。国産ERPパッケージ「Biz∫会計」を基盤としてローカルテンプレートを提供、ポストモダンERPシステムのコンサルティング手法※1で、会計業務・システムの海外展開をサポートします。

よくある課題

日系企業が海外拠点を拡大する場合、現地の規模がまだ小さい・M&Aで拡大した等の背景から、ルールやシステムがバラバラで統制がとれないという課題がよくあげられます。会計分野では、お客様のシステムモデル(システムの現状)別のグローバル共通化・標準化アプローチが有効です。

よくある課題

ソリューションの全体像

会計分野におけるグローバルマネジメントの課題に対しては、現地との密接なコミュニケーションとあわせ、どこまで標準化し、どこを現地化するか(モデル化・テンプレート化)の検討が重要です。「グローバル会計ソリューション」では、「計画・構想策定」だけでなく「システム導入」「運用・保守」まで、お客様が海外に会計システムを展開をする際に必要な工程を網羅的に支援します。

ソリューションの全体像

ソリューションの特長

ソリューションの特長

支援の流れと期待効果

支援の流れと期待効果

利用ツール/メソッド

  • グローバル標準テンプレート
    会計システムにおいて、グローバルで共通的な「標準テンプレート」と、APAC地域を中心に各国制度・商習慣に対応した「ローカルオプション」の組み合わせにより、グローバルでの業務標準化・ローカル対応の双方をバランスよく実現します。
  • ポストモダンERPシステムデザイン
    古いERPシステムからの脱却に向け、現行ERPのレガシー度を診断、各業務アプリケーションのシステム構成要素を分析し、ポストモダンERPの潮流に沿って、周辺システム機能を活かした現実的・合理的なシステム構成案を提示します。

事例・実績

良品計画様
(連結売上高 約3000億円/事業展開国5か国以上/約200店舗)
東急電鉄グループ様Gartner Summit講演録
(連結売上高 約1兆1000億円/グループ121社)
エア・ウォーター様
(連結売上高 約7000億円/グループ75社)等
Page to top